アキレス腱、踵の痛み①

患者様

男性 20代 会社員

症状

ランニングする際に踵に痛みが出現。

東京マラソンに向けての練習が満足にできない。

主訴

背伸びする際に左足のアキレス腱、踵が痛い。

右に比べ足首の背屈制限が見られました。

症状改善後の目標

マラソンの練習を満足できるようにしたい。

東京マラソンで自己ベスト出したい。

施術内容と経過

初回施術

ペインスケールが7まであり、施術としては、患部であるアキレス腱のトリガーポイント、腓腹筋、足底の施術をさせて頂きました。また、テーピングで固定をしました。

2回目

ペインスケールが3まで落ちました。

施術は、アキレス腱の部分を続けて行いましたが、そこに負担がかかっている原因が走り方を見たときに、ハムストリングの伸張性がなかったためそこの施術もさせて頂きました。

3回目

2週間ほど施術させて頂いて、何も気にならなく走ることができました。

同時に施術した症状

腰痛もあり、骨盤矯正もさせて頂きました。

施術内容

トリガーポイント施術と骨盤矯正をさせて頂きました。

まとめ

アキレス腱を施術させて頂きましたが、全体を検査したり、走り方見させて頂き、原因を見つけ施術させて頂くことで満足に走れるようになりました。またアキレス腱は1回の施術では痛みが落ちにくいのですが、患者様もしっかり通院してくださったおかげで走れるようになりました。そこだけでなく、腰痛に骨盤矯正を行うことで、アキレス腱にかかる負担も軽減することができ結果的にお身体の全体の動きが良くなりました。

アキレス腱炎について詳しくはこちら

アキレス腱炎