膝痛の症例➀「オペと言われていた膝の痛み」

患者様

70代 女性 主婦

症状

長年膝には痛みがあった

痛みのせいで小走りできない

しゃがみ動作も出来ず、膝にひっかかりがある

整形外科ではオペをするしかなおらないと言われた

主訴

歩行時痛

しゃがめない

 

症状改善後の目標

運動をしたい

友人と一緒にジムに行きたい

遠出したい

施術内容と経過

初回施術

初回施術では、まず徒手検査を行った。

徒手検査をすると、半月板が引っ掛かっていることがわかった。

施術としては半月板の整復する手技を行い、負担がかかっていた臀部と大腿部、足底部のトリガーポイント療法を行った。

最後にテーピング固定をした。

施術後、しゃがみ動作は可能になり歩行時痛も痛みの程度が10→5まで落ちた。

2回目

次の日に来院してもらった。

テーピング固定をしていたため痛みの程度は5のままだった。

今まで歩行時痛があったため歩き方に癖があり、膝以外の臀部や足底への負担が多かったので臀部や足底の施術を行った。

施術前と比べスムーズに歩けるようになり、膝への負担が減った。

最後にテーピング固定とストレッチ・トレーニング指導をした。

3回目以降

痛みはかなり改善してきた。

3回目の施術から、EMSという筋力トレーニングの機械を始めた。

EMSを始めてから力の入れ方がわかるようになり、ご自身でのトレーニングもやりやすくなったとのこと。

5回目の施術後、再度整形外科にて診てもらうことになった。

結果、オペと言われていたがオペをやらなくなったとの連絡がきた。

その後もEMSをやりつつ、膝に痛みが出ないようにご自身でもトレーニングを続けている。

同時に施術した症状

腰痛

施術方法

半月板の整復

トリガーポイント療法

テーピング固定

EMS

まとめ

最初は整形外科でオペと言われていて患者様自身が諦めていたが、しっかり検査をし良くなるイメージを伝え施術させてもらえた。

オペをした後だと筋力も低下しやすかったので、オペをする前に施術できたことが良かった。

また、患者様自身も運動したい、遠出したいなど夢があったため一緒に頑張ることができた。

今では一緒にジムに行っているご友人も紹介して頂き、その患者様がいる日は院内の雰囲気も明るくなっている。

今後も楽しく運動やお出かけをしてもらいたい。

膝痛について詳しくはこちら

膝痛